地震は突然やってきます。生き残る術を身につけて下さい。

 ◆ 地震はなぜ起こる!!それも日本で頻繁に!
    地球の表面は、10数枚のプレートからできており、ひび割れした卵の殻のよう。

 ◆ プレート型地震と直下型地震はどう違う
    阪神大震災は、内陸直下型地震です。予測される東海地震はプレート型地震です。

 ◆ 活断層とは
    内陸直下型地震の原因となる活断層、日本には約1,500カ所あります。

 ◆ わが家の地震対策 チェックポイント10
    地震はいつ襲ってくるか予測できない恐さがあります。如何に備えるか・・・。

 ◆ 地震から身を守るための10か条
    地震が起きたらどうすべきか。まずルールをしっかり知っておきましょう。

 ◆ あっ、地震だ! そのときどうする(屋内編)
    外へ逃げるときに、注意することは何か。落ちついた行動が重要です。

 ◆ あっ、地震だ! そのときどうする(屋外編)
    落下物から身を守るにはどうするか。すばやく避難しましょう。

 ◆ 避難行動の原則10
    避難のタイミングは・・・?。パニックを防ぐには・・・?

 ◆ 火事だ!そのときどうする
    初期消火の3原則とは何か、勇気をもって初期消火を、避難のタイミングは?

 ◆ 気象庁震度階級(揺れと被害想定)
    体感、屋内の状況、屋外の状況から震度の程度を知る方法・・・。

 ◆ 役立つ防災グッズ紹介
    いざという時に、役立つ防災グッズを紹介してあります。

 ◆ つくろう自主防災組織
    阪神大震災では、隣近所の方の救出活動が多くの方を救いました。

 ◆ 津波の脅威(四方を海に囲まれた日本)
    日本は津波が多く発生しています。「ツナミ」は世界共通語にもなっています。

 ◆ 液状化現象とは
    阪神大震災でもポートアイランドで液状化現象が見られました。

 ◆ GIS(地理情報システム)とは
    マーケティング面で実用されているGISですが、防災面にも活用・・・。

 ◆ 関東大震災とはどのような地震だったのか
    14万人余の死者を出した関東大震災とは・・・。

 ◆ 福井震災とはそのような地震だったのか
    戦後復興最中の福井を襲った地震、この地震の後に震度7が設定されました。

 ◆ 阪神大震災とはどのような地震だったのか
    戦後最大規模の被害を出した阪神大震災、災害ボランティア元年でもありました。

 ◆ 名古屋市地域防災計画(地震災害対策編)・骨子
    阪神大震災の教訓を踏まえての名古屋市の地震被害想定とは・・・。

 ◆ 米国における地震災害の対応(FEMA)
    アメリカにおける緊急事態に対応する組織とは、取り組みとは如何に・・・。

 ◆ その他の自然災害(風水害)
    台風の発生のメカニズムとは・・・。雨量と危険度の関係とは・・・。

★地震防災に関するコラム&視察レポート
 ◆ 地震への備え&緊急地震速報サービスを導入して
          (阪神・淡路大震災から14年目を迎えて)
 (2009.2.2)
    阪神・淡路大震災以降、被害を軽減する「減災」の取り組みが進んでいます!
 ◆ 導入が進みつつある緊急地震速報について考察する
          (阪神・淡路大震災から13年目を迎えて)
 (2008.4.8)
    緊急地震速報を受けた時にどう行動するか、その行動が生死を分けます!
 ◆ 阪神・淡路大震災から12年目を迎えて、
                防災について考察する
 (2007.1.17)
    2007年秋にも国民向けに緊急地震速報が始まります。企業を会議所が後押し!
 ◆ 防災の日を迎え「緊急地震速報」について考える (2006.9.6)
    「緊急地震速報」「被災前復興計画」など減災に視点をあてて考えています!
 ◆ 阪神・淡路大震災から11年目を迎えて、
                防災について考察する
 (2006.1.11)
    町内会の高層マンションの防災訓練で、棒のない布製の担架が狭い階段で威力発揮!
 ◆ “防災の日”を迎えて企業・商業施設の防災について考える (2005.9.1)
    防災基本計画が10年ぶりに大幅修正され、企業防災の指針も示されました!
 ◆ 阪神・淡路大震災から10年目を迎えて、防災について考察する (2005.1.23)
    神戸で第2回国連防災世界会議が開催され、次の10年に向けて世界が動き始めました!
 ◆ “防災の日”を迎えて地域防災について考える (2004.9.1)
    町内会の役員、婦人部、子供会など総出の安城市総合防災訓練に参加してきました!
 ◆ 阪神・淡路大震災から9年目を迎えて、防災について考察する (2004.2.1)
    地震への備えをしていますか?地域挙げて地域防災力を高めることが肝要です!
 ◆ 関東大震災から80年目を迎えて (2003.9.1)
    関東大震災からちょうど80年にあたり、もう一度、家庭でできる日頃の備えを!
 ◆ 阪神・淡路大震災から8年目を迎えて、防災について考察する (2003.1.5)
    “地域の命は地域で守る”という自助、震災時、頼りになるのはご近所です。
 ◆ 巨大地震への備え・地震防災の動きについて考察する (2002.9.1)
    国土交通省、文部科学省、総務省が連携して地域防災情報システムに取り組みます。
 ◆ 東海地震想定見直しについて考察する (2002.2.1)
    東海地震の震度想定が22年ぶりに見直され、52市町村が強化地域に加わりました。
 ◆ 地震・自然災害などの防災について考える (2001.9.1)
    OR活用など、災害への対応の最新の取り組みなどを紹介していきます。
 ◆ 阪神大震災から6年目を迎えて (2001.1.8)
    21世紀を迎え、行政とNPO・住民等とのパートナーシップが求められています。
 ◆ 「防災の日」地震への備えの再確認を!! (2000.9.1)
    9月1日は関東大震災から77年が経ちます。地震への備えは大丈夫でしょうか。
 ◆ 阪神大震災から5年目を迎えて (2000.1.3)
    阪神大震災から5年、震災をきっかけにしたさまざまな動きをみていきます。
 ◆ 防災の日をまもなく迎えるにあたって (1999.8.24)
    地震、台風、水害などへの備えは万全でしょうか。今一度考えてみては!
 ◆ 地震への備えは?阪神大震災から4年経って (1999.1.17)
    阪神大震災から4年、今一度、地震への備えを見つめ直してみてはいかがでしょうか。
 ◆ “地震への備え”は大丈夫ですか! (1998.9.1)
    9月1日は「防災の日」です。避難所、避難経路などは頭に入っていますか。
 ◆ 阪神大震災から3年 (1998.1.11)
    阪神大震災から3年目をむかえます。皆さんの常日頃の備えは万全でしょうか。
 ◆ 防災の日に地震について考える (1997.9.1)
    70年以上前のこの日に関東大震災がおきました。日頃の備えとは・・・。
 ◆ 地震予知は困難??? (1997.6.20)
    地震予知は困難であると結論を出した日本の現状、海外の予知は如何に・・・。
 ◆ 世界震災都市会議・福井震災50周年 (日本・福井)

    福井地震から50周年の記念事業、最終日には「福井市宣言」も採択されました。

MAIL:tsunagu@tcp-ip.or.jp

リターンイメージリターンイメージリターンイメージリターンイメージリターンイメージ