つくろう自主防災組織

●自主防災組織の作りかた

 自主防災組織を作るには、次のような方法が考えられます。

 @ 町内会等に防災部を設置している場合などのように、すでに自主防災組織と類  似した組織がある場合には、その組織の活動の充実、強化を自主防災イメージ図ります。

 A 町内会等はあっても、特に防災活動を行っ  ていない場合は、町内会活動の一環として防  災活動を取り入れていきます。

 B 町内会の組織がない場合には、地域で何ら  かの活動を行っているさまざまな団体、グル  ープの話し合いの場を通じ、その組織をうま  く利用して自主防災組織を整備していくこと  が近道です。

●自主防災組織の防災計画

 地震などの災害が発生したときに、すばやく、能率よく防災活動を行って、自分の家族や隣近所の人達の生命・財産を守ることができるように、自主防災組織として、あらかじめ自分たちのまちの防災計画を作っておく必要があります。

 まちの防災計画を作るときは、日ごろの活動や災害時の活動方法などをできる限り具体的に定めておくことが大切です。

 計画の内容は、市町村や消防署とよく相談し指導を受けながら決めていきましょう。

●日ごろの活動

 いざ、というとき、みなさんの自主防災組織が十分に活躍できるように、みなさんひとりひとりが火を出さない方法や火の消し方、老人、子どもの介護の仕方、応急手当の心得など、防災についての正しい知識を持っていることが重要です。

 自主防災組織として、あらゆる機会をとらえて、住民のみなさんがお互いに防災知識を高めあえるような活動しましょう。

 実際に被害が発生したときには、なかなか思うように身体が動かないものです。そのような時に落ち着いて安全に行動できるよう、実際に活動することに慣れておかなければなりません。

 自主防災組織として、みんなでまとまり、ふだんから協力して防災訓練を行い、いざ、というときに備えましょう。

(参考文献:和歌山県の広報誌、防災和歌山vol.2)

リターンイメージリターンイメージリターンイメージリターンイメージ