スポーツオーソリティー (日本・名古屋)

視察日:1997年11月3日

 日本展開1号店となる「スポーツオーソリティー」が、1996年7月18日に名古屋市西区にあるワンダーシティー敷地内に誕生しました。名古屋スポーツオーソリティー イメージ高速の山田西インターで下りれば、すぐそばです。今回オープンしたスポーツオーソリティーは、アメリカ最大級のスポーツ専門店スポーツオーソリティー社とジャスコが出資するメガスポーツが展開しているもので、日本進出第1号店であり、スポーツオーソリティー社としては148番目のチェーン店となります。現在、日本ではその他、姫路、大阪、鈴鹿、熊本など7店出店しており、2000年をめどに40店舗体制、将来的には国内100店舗体制を目指しています。また、出店形態も従来の郊外型大型店(店舗面積4,000F級)に加え、都心部での中型店(店舗面積1,300F級)の出店も検討しているようです。トイザラスも、ショッピングモール内の出店を進めていますから、どこも勝ち抜くための出店加速を強めているようです。

 ここワンダーシティー敷地内には、ジャスコと専門店街、アミュズメント、フードコートなどが集まったワンダーシティスポーツオーソリティー イメージーと、ホームセンターの「メガマート」、住宅展示場の「ワンダースクエア」、そして売り場面積約1,300坪を誇る「スポーツオーソリティー」があります。

 今回、視察に行った時は、オープン後1年以上過ぎており、一時期の人気は収まっているようでした。祝日のため、駐車場はほぼいっぱいで、空いているところを探すのに苦労したにもかかわらず、店内は思ったほど、込んでいませんでした。ワンダーシティー内は、けっこう込んでおり、特にアミュズメントコーナー、フードコートは、かなりの人でごった返していました。行ったのは、午後1時過ぎでしたが、遅い食事をとる人が多く、込んでいなかった可能性もあります。

 また、店内を歩いていて、目についたのが、祝日ということを考慮しても、けっこう店員が多かったことです。ディスカウントで提供するため、人件費もかなり削っているのかと思っていましたが、サービスもそれなり力を入れているようです。店員も目スポーツオーソリティー イメージ立つ格好をしており、目につき、あいさつなどの対応も良かったです。

 店内は、スキー、テニス、ゴルフ、釣りなど16の種別に分けられており、4万5,000点もの商品が並べられています。品揃えは、抜群であり、価格についても、米国のスポーツオーソリティーに及ばないまでも、かなり格安となっています。

 アメリカから日本に進出してきて、おもちゃ業界を揺さぶり今やしっかり定着した感のあるトイザラスのように、今後、スポーツオーソリティーが、スポーツ業界をどう塗り変えていくのかが注目されます。アメリカで成功しているからといって、システムそのものを日本に持ってきても、成功するとは限りません。一大旋風を起こすには、日本にあったやり方、日本の消費者を取り込む柔軟なシステムの構築が必要となってくることでしょう。

By Nagura

リターンイメージリターンイメージリターンイメージリターンイメージリターンイメージ