あっ地震だ!そのときどうする(屋外編)防災 イメージ

落下物から身を守るために空き地などへ
すばやく避難しよう。
その場にしゃがみ込まないこと。

★ 商店街・ビル街
 ●その場に立ち止まらず、頭をカバンなどで保護して近く  の空き地などへ避難する(ガラスの破片、看板などの危  険物の落下を回避する)。

 ●逃げる場所の判断を誤らない(落下の危険がないといっ  ても間口の広い木造の建物や自動販売機、ブロック塀の  そばなどへは避難しない)。

★ 電車や地下鉄の車内
 ●急停車することがあるので、吊り革や手すりなどにしっ  かりつかまる。

 ●途中でとまっても、非常コックを開けて勝手に車外に出たり、窓から飛び出さな  い。防災 イメージ

 ●乗務員のアナウンスに従って落ちついた行動を。

★ 車を運転中
 ●地震を感じたら徐々に速度を落とし、道路の左側  に寄せてエンジンを切る。

 ●揺れがおさまるまで車外に出ず、ラジオで情報を  得る。

 ●車を離れるときは、必ずキーをつけたまま。ドア  ロックもしない。

★ がけ付近防災 イメージ
 ●すみやかにその場から安全な場所へ避難する。

 ●海岸の場合は、高台などに避難し、津波情報をよく  聞く(解除されるまで絶対に海辺などの低地には近  づかない)。

(参考資料:宇治市わが家の防災読本)

リターンイメージリターンイメージリターンイメージリターンイメージ