あっ地震だ!そのときどうする(屋内編)

外へ逃げるときは、瓦やガラスなどの落下物、ブロック塀や石塀、電線な防災 イメージどに注意。あわてず落ち着いた行動が重要です。

★ 家の中
 ●テーブルなどの下に隠れ、身を守る(余裕がなけ  れば、手近の座布団や枕などで頭を保護する)。

 ●外へ逃げるときはあわてずに(瓦やガラスなどの落下物に注意し、落ち着いて行  動を!)防災 イメージ

 ●避難口を確保する(ゆがみで戸が開かなくなること   も。とくにマンションなどの中高層住宅では逃げ道を  失い危険)。

 ●2階にいたら階下に降りない(1階より2階のほうが安  全性が高い)。

 ●裸足で歩き回らない(ガラスの破片などでけがをす   る)。

 ●火の始末はすみやかに(コンセントやガスの元栓の処  置も忘れずに)。

 ●乳幼児や病人、お年寄りの安全確保を。

★ 劇場・ホール
 ●カバンなどで頭を保護し、座席の間に身を隠し、落ち着いて様子を見る。

 ●係員の指示に従い、冷静に行動を。

★ デパート・スーパー防災 イメージ
 ●カバンなどで頭を保護し、ショーウイン  ドウや商品などから離れる。

 ●柱や壁際に身を寄せ、係員の指示を聞   く。パニックなどのよる人災も恐い。

★ エレベーター
 ●最寄りの階で止めて降りる。

 ●万一ドアが開かないときでも、脱出口か  ら出ないで救助を待とう。

(参考資料:宇治市わが家の防災読本)

リターンイメージリターンイメージリターンイメージリターンイメージ