神 戸(日本・兵庫)

視察日:1995年10月29日

 神戸を訪れたのは、阪神大震災から9カ月程たった時でした。復興へ向けて進んでいる最中という感じでした。インフラ等は、ほとんど震災以前とかわらない状態に戻っており、周りの建物も建て直されたり、修復されるなどかなりきれいになっていました。中には、まだ修復されていない建物もありましたが・・・。神戸 イメージ

 異人館、三宮あたりを歩いてみて感じたのが、周りの建物はけっこう修復されていても、歩道面は震災の影響でデコボコしており、かなり足をとられることでした。

 店舗も営業しているところも多く観光客含め人はけっこう出ていました。異人館では、修復中の建物は多くありましたが、それでも人は出ていました。

神戸 イメージ 新幹線の新神戸駅から新神戸ロープウェー「神戸夢風船」で登ったところに布引ハーブ園があります。新幹線で来られた方には、便利なところにあります。ちょうど新幹線の駅の山側に位置し、山頂のレストハウスからは、神戸の街並み、神戸港が一望できます。

 布引ハーブ園には、約150種・7万5千株にハーブが植えられており、こころとからだをリフレッシュさせる空間が広がっています。施設内には、展望レストラン、森のホール、香りの庭園、グラスハウスなどハーブを知り、楽しむための工夫がなされています。

 ハーブは香りがあり、料理、薬用など生活に役立つ植物として知られており、自然のものや手づくりの良さが見直されている今、ハーブへの関心も高まっているようです。

 建物等のハード面の復興は、見てのとおり進んでいましたが、震災に見舞われた人々の生活、心の面は、まだまだ大変な時と思われます。

 神戸は、観光都市でもあるので、観光客が落としていくお金が神戸の復興につながっていきます。神戸が復興に向けてある程度落ち着いた段階においては、復興からの新生神戸を訪れて見てはいかがですか。そのことが、神戸の活性化につながっていきます。

By Nagura

リターンイメージリターンイメージリターンイメージリターンイメージリターンイメージ