火事だ! そのときどうする

初期消火の3原則

 早く知らせる! 「火事だ」と大声で叫ぶ!
  ●小さな火だと思っても、一人や家族だけで消そうとしな防災 イメージいこと。これがまず大   切。

  ●「火事だ」と大声を出し、隣近所に援助を求める。声が   出なければ、やかんなどを叩き異変を知らせる。

  ●小さな火でも119番に通報する。当時者は消火にあた    り、近くの人に通報を頼む。

 早く消火する! 勇気をもって初期消火を!
  ●出火から3分以内が消火できる限度。この間なら誰でも消火ができる。炎をおそ   れず勇気と落ち着きをもって初期消火を防災 イメージ
   (初期消火とは、火が床など横に広がっている    だけの間、あるいはカーテンやふすまなどの    立ち上がり面に火が移ったときまでに火を消    すことをいう。火が立ち上がり面に移ると、    天井に火が回るのは早く、そうなるともう手    がつけられなくなる。)

  ●水や消火器だけで消そうと思わず、座布団で火   を叩く、毛布で火をおおうなど、手近なものを   活用する。

 早く逃げる! 避難は早めに!
  ●天井に火が燃え移ったら、もう素人の手に負えない。いさぎよく避難する。隣   近所と協力しあって延焼防止を(ただし無理は禁物)。

  ●避難するときは、燃えている部屋の窓やドアをしめて空気を絶つ。

     ●119番は正確・簡潔に (次のようなことを正確に伝える)
 1. まず火災であることを伝える。
防災 イメージ

 2. 場所(住所はどこか)

 3. 建物の種類は。木造かビルか。

 4. 脱出できないでいる人の有無やけが人は。

 5. 火災現場付近で目印になるものは。

     ●水の威力は消火器なみ
 コップ1杯の水でストーブの火が消えた実験結果があります。水の消火能力は
防災 イメージとても大きいのです。消火器とともに、くみおき水の用意を忘れずに。
 水のかけ方
 1. ふすまや障子、カーテンなどの立ち上がり面にかけるとき  は、上から半円を描くようにする。

 2. ストーブや畳などへは一気にかける。ただし、油なべや感  電の恐れのあるものには直接水をかけないで他の方法で消火  しよう。

     ●火災からの避難 7つのポイント防災 イメージ
 1. 天井に火が移ったときが避難の目安。

 2. 避難はお年寄り・子供・病人を優先。

 3. 服装や持ち物にこだわらず、できるだけ早く避難する。

 4. ちゅうちょは禁物。炎の中は一気に走り抜ける。

 5. 炎の中を逃げるときは、できるだけ姿勢を低くして。防災 イメージ

 6. いったん逃げ出したら、再び中には戻らない。

 7. 逃げ遅れた人がいるときは、近くの消防隊にすぐ知らせ   る。

(参考資料:宇治市わが家の防災読本)

リターンイメージリターンイメージリターンイメージリターンイメージ