阪神大震災とはどのような地震だったのか

 発震時:1995年(平成7年)1月17日(火)早朝5時46分52秒

 震 央:北緯34.61度、東経135.04度(淡路島)

 震源の深さ:14.3km

 マグニチュード:7.2地震発生イメージ

 断層破壊時間:11秒

 死 者:6,372人(1996年7月14日)

 負傷者:43,177人

 避難者:319,638人(1995年1月23日)

 避難所:1,239カ所(1995年1月23日)

 倒壊家屋:192,706棟・406,337世帯(兵庫県のみ)

 焼失家屋:7,456棟・9,322世帯(兵庫県のみ)

 被害総額:約10兆円

※その他

 阪神大震災においては、日本ではかつて見られなかった災害ボランティア活動が展開されました。発生後3カ月間のボランティア参加者は、1日平均2万人を超え、3カ月間に延べ人数で約117万人がボランティア活動に参加しました。1995年はわが国にとってボランティア元年とも言われています。

 1981年の耐震規定改定以前の古い鉄筋コンクリートビルの多くが被害を受けました。また、死亡者の少なくとも88%が家屋倒壊等による圧死といわれています。

 福井地震を期として気象庁震度階級に「震度7」が新たに設定され、阪神大震災において初めて「震度7」が適用されました。

(参考文献:阪神大震災誌等)

リターンイメージリターンイメージリターンイメージリターンイメージ