フォーラム・ショップス(アメリカ・ネバタ州ラスベガス)

視察日:1997年10月2日

 フォーラム・ショップスは、1992年5月1日にラスベガスの高級ホテル、シーザーズ・パレスのオリンピックカジノに隣接する形で華々しくオープンした本格的ショッピングモールです。フォーラムショップスイメージちなみにシーザーズ・パレスは、ダスティン・ホフマン主演の「レインマン」をはじめ、数々の映画の撮影にも使われている古代ローマをコンセプトにしたゴージャスなホテルです。

 フォーラム・ショップスはドーム型のショッピングモールで、モールの天井には照明効果により1日の空の様子が刻々と色を変えて映し出されていきます。モールの内装は、古代ローマ帝国風の豪華な雰囲気を醸し出しています。またモール内にある噴水広場「フェスティバル・ファウンテン」では、バッカスやビーナスなどの神々の像が、突然動き出して表情豊かに笑ったり、叫んだりするショーも見らフォーラムショップスイメージれます。あごのたるみまで妙にリアルに再現しています。

 主なテナントは、グッチ、ヴィトン、ベルサーチなどの高級ブランドショップから、アンテーラー、エクスプレス、ブルックストン、ワーナーブラザーズ・スタジオ・ストアなどのリージョナル(広域)ショッピングセンターの人気テナントがミックスされています。レストランなど含め70店以上が集まっています。現在も拡張工事が続々と進められています。ラスベガスにあるものは、すべてといっていいほど、成長(拡張)を続けています。まあ、それだけ需要があり、観光客が多いということです。異空間ならではの展開でしょう。

 天井の映り変わる様子は、イメージ的には、横浜にあるラーメン博物館の昭和の懐かしい風景を演出している雰囲気のような感じです。また、何といっても、朝か夜かわからない雰囲気というものがラスベガスに合っているように感じられます。24時間眠らない街ラスベガスならではという感じもします。また、ショッピングするに当たり夕方という時間帯というか雰囲気が買う気にさせるそうです。ラスベガス全体に言えることですが、まずどこへ行っても楽しませるというエンターテイメント性が全面に出ているということです。楽しみながらショッピングをすることにかけては、世界中どこを探してもラスベガスを超えるところはそうざらにはないでしょう。

 異空間を楽しむには、ラスベガスはもってこいです。

 また、今回のアメリカ視察全体を通してのコラム「'97アメリカ流通業視察を終えて」も合わせてご覧いただければと思います。

By Nagura

リターンイメージリターンイメージリターンイメージリターンイメージリターンイメージ