恵比寿ガーデンプレイス (日本・東京)

視察日:1997年10月30日

 恵比寿ガーデンプレイスは、恵比寿駅南側に誕生した新しい複合都市です。約8万3,000Fの敷地に、インテリジェントビルや恵比寿三越、映恵比寿ガーデンプレイス イメージ画館のガーデンシネマ、ウェスティンホテル東京、分譲住宅などが立ち並んでいます。恵比寿ガーデンプレイスには、恵比寿駅と動く歩道で結ばれています。

 もともとこの地には、明治時代から約100年間、サッポロビール恵比寿工場があったところで、現在のガーデン内にもサッポロビール本社、恵比寿麦酒記念館、ビヤステーションなど、ビール関係の施設が多くあります。特にビールの歴史を紹介する恵比寿麦酒記念館では、3D映像のバーチャルリアリティシステムによってビール生産の過程を見られ恵比寿ガーデンプレイス イメージます。

 ここ恵比寿ガーデンプレイスは、クリスマス時期の電飾されたイルミネーションの美しさは、目をみはるものがあります。行ったのが、午後5時過ぎだったため、徐々に灯がつき始めた頃で、周りの落ち着いた建物が映えてきて、けっこう雰囲気がでてきてました。

 正面の大きなアーチをくぐると、ヨーロッパ調の王朝様式の建物が見えてきます。これは、夢のレストランと呼ばれているシャトーレストランタイユバン・ロブションです。シャトーレストランタイユバン・ロブションは、タイユバンがサービスを、ロブションが料理を担当する世界でも唯一のレストランです。1946年開業のタイユバンはミシュランで長年のわたり三つ星を獲得しつづけている伝統と格式のあるレストランで、ロブションは、ひと皿の料理を芸術にまで高めた恵比寿ガーデンプレイス イメージ今世紀を代表するシェフです。フランスのふたつの奇跡が手を携え実現した夢のレストランというわけです。

 恵比寿三越も、品揃えを絞り込んだハイイメージな雰囲気を醸し出していました。地上2階、地下2階の4層で、地下には自然食品やグルメ志向の食品などの品揃えが充実していました。また、地下1階のプロムナードにあるワインマーケットの「PARTY」は、1,100種類のワインをはじめ、つまみ、グラスなどのワイン関連グッズの品揃えが豊富でした。ここは、お勧めです。

 恵比寿ガーデンプレイスのこの街区は、本当にきれいに整備されています。緑も多く、都心の中とは思えないほどです。晴れた日の午後などは、のんびりと散策するだけでも時間がゆったりと流れ、気分転換にはもってこいのように思えます。しかし、少し離れると昔ながらの家並みがつづいており、かなりギャップも感じられますが・・・。

By Nagura

リターンイメージリターンイメージリターンイメージリターンイメージリターンイメージ