旭川・買物公園(日本・北海道)

視察日:1996年9月6日

 平和通買物公園は、旭川市にあります。旭川市は、人口36万、札幌市に次ぐ北海道第2の都市です。札幌からは130キロ程離れていますが、高速道路が通っているため、十分日帰りできる範囲です。買物公園 イメージ

 この平和通買物公園は、日本初の歩行者天国(歩行者専用道路)となったことでも有名です。

 行った時は、金曜日の昼ごろでしたが、パレードなども行われおり、多くの人でにぎわっていました。道路中央部分には、緑地帯があり、ベンチ等でくつろいでいる人もいましたが、買物公園という公園というイメージがあまりピンとこなかったのが正直な感想です。しかし、日本で初めて歩行者優先の歩行者天国をおこなったというアイデアは、当時はかなり買物公園 イメージ斬新なものだったと思われます。

 歩行者天国という言葉が一時期はやったことが思い出されます。土曜、日曜などの祝日を、一般道路を封鎖して、歩行者優先の空間にすることが、東京のみならず地方都市でも頻繁におこなわれいたように思います。最近では、「歩行者天国」という言葉そのものもあまり聞かれなくなりましたが。原宿で竹の子族がはやった明治神宮界隈も歩行者天国のひとつだったのでしょう。

 最近名古屋では、歩行者天国ならぬ自動者利用者への自動車天国なるちょっと変わった試みが展開されています。これは、繁華街、名古屋城周辺など買物、観光等の利用者へ一般道路の駐禁を解禁して駐車場としての利用を進めるものです。道路が広い名古屋ならではの試みですが買物公園 イメージ、しかし根底には駐車場の絶対数が足りないという問題が潜んでいます。

 話戻ってまた、旭川は「敦煌」「孔子」などの大作を発表した作家井上靖氏の生まれ故郷でもあります。井上靖記念館には、83歳で生涯を閉じた氏の作品や貴重な資料が展示されています。誰よりも出生の地旭川に誇りをもっており、その思いを綴った自筆のノートも展示されています。

By Nagura

リターンイメージリターンイメージリターンイメージリターンイメージリターンイメージ